葉酸摂って元気になろう!

体が緑に・・・

葉酸、葉酸、と日々、葉酸に気を付けた食生活をしていたら、ある日起きてみると体が緑色に・・・。ここで往年のお笑いキャラクター、マモーとミモーを思い出したあなたは、間違いなく昭和生まれです(笑)。
間違っても体が緑色になることはありませんが、それでも一日の摂取量を大幅に超えてしまうと、逆に体に負担がかかってしまいます。これはどの栄養素も同じことが言えますが、「過度」に摂取することは一番危険な事です。厚生省が定めている食事摂取基準というのがありますが、一般成人男女の摂取基準は240μgとされています。これを大幅に超えてしまうと、かゆみやじんましんがでたり、呼吸が困難になったりしますので、あまりにも度を越えてしまうような摂取方法はおススメしません。
摂取不足も過剰摂取もなく、範囲内で、他の栄養素も摂取しながらしっかりした食生活を行う。これが、大前提で大切な事と言えます。前にもお話したように、葉酸は、体内に蓄積できませんので、毎日きちんと摂取しましょう。因みに初めにお話したマモーとミモーですが、顔が緑色だったこともあり、葉酸についてイメージするとマモーが出てきてしまいます。当のマモーですが、オリジナルは、ルパン三世の映画に登場したキャラクターだそうです。