葉酸摂って元気になろう!

葉酸を多く含む食品

葉酸は、その名の通り、緑の葉っぱに多く含まれる栄養素です。ほうれん草、青梗菜など。緑の野菜にも多く含まれており、特にブロッコリーなどは代表選手とされています。例えばブロッコリー100gに葉酸は210g含まれていますので、単純に言うとブロッコリー200gくらい食べると、妊婦さんの一日の摂取量400gは超えてしまうということです。一時期ネバネバで話題になったモロヘイヤ。実はモロヘイヤは葉酸業界(勝手に名づけました)では知る人ぞ知るの高葉酸含有量を持つ食べ物です。夏バテの時などには、ネバネバトロトロが食べやすくて助かりますが、モロヘイヤは隠れた名選手といったところですね。
その他にも、納豆や海苔といったむかしから日本で食べられているような食材にも多く含まれています。海苔はローカロリーフードの代表なので、小腹がすいた時のおやつ代わりにもなります。
葉酸は果物にも含まれています。緑の果物?と思いきや、夏みかんなどの柑橘類やバナナなどに多く含まれているのはちょっと意外な事実です。豆類であれば、納豆の他にも枝豆、そら豆、あずきなど、多くの豆類は葉酸を含んでいます。このように見てみると、昔からの日本食には葉酸がしっかり含まれているというのも納得です。